●23年度ボランティア活動報告
 
 ●24年度ボランティア活動報告
 
 ●25年度ボランティア活動報告
 
 ●26年度ボランティア活動報告
 
 ●27年度ボランティア活動
 

平成25年度10月19日(土)地域区一斉クリーンデー活動報告
 今年度からシルバーの日(10月第3土曜日)に市内一斉にクリーンデーを実施、各小学校通学路等を清掃活動を行いました。
地区名 時間 主要活動場所 参加者
太宰府小学校A区 10時から 太宰府駅から地区の主道路 25名
太宰府小学校B区 9時から 五条駅から太宰府駅間の主道路 15名
太宰府東小学校区 10時から 地区の通学路周辺及び校区公園 13名
太宰府南小学校区 9時から 小学校周辺及び通学路 25名
水城小学校A区 9時から 地区の通学路 11名
水城小学校B区 11時から 地区の通学路  7名
水城西小学校区 9時から 地区の通学路全般 25名
太宰府西小学校区 8時から 地区の通学路全般 25名
国分小学校区 9時から 小学校区の通学路 18名
     ボランティア班『里山を守る会』25年度の活動
 25年度は12回の実施でした。参加者は47名延べ参加者は188名でした。
☆定期活動☆
1.『政庁跡周辺と市民の森』・『御笠川遊歩道』の美化活動と散策
 ○毎月1回(第3土曜日)4月〜9月は8時、10月〜3月は9時からの約1時30分間予定
 ○雨天の場合中止
☆活動報告☆
日時 作業内容 参加者
5月18日(土) 政庁跡とその周辺及び市民の森、御笠川遊歩道、政庁通りのゴミ拾いを行いました。 17名
6月15日(土) 政庁跡とその周辺及び市民の森ゴミ拾いを行いました。降水確率60%の中7人が集まりました。  7名
7月20日(土) 政庁跡とその周辺及び市民の森、御笠川遊歩道、政庁通りのゴミ拾いを行いました。 12名
8月17日(土) 政庁跡とその周辺及び市民の森のゴミ拾いを行いました。 13名
9月21日(土) 政庁跡とその周辺及び市民の森のゴミ拾いを行いました。今回から揃いのベストを着用して作業しました。 15名
10月5日(土) 市民政庁まつり会場とその周辺のゴミ拾いを行いました。 20名
11月16日(土) 政庁跡とその周辺及び市民の森のゴミ拾いを行いました。 15名
12月21日(土) 雨天中止
1月18日(土) 政庁跡とその周辺及び市民の森、御笠川遊歩道、政庁通りのゴミ拾いを行いました。 16名
2月16日(土) 政庁跡とその周辺及び市民の森のゴミ拾いを行いました。 14名
3月29日(土) 政庁跡とその周辺及び市民の森、御笠川遊歩道、政庁通りのゴミ拾いを行いました。 16名
2.『御笠川クリーンディの清掃』年2回(春・秋)
 (太宰府水から川る会・みかさがわピカピカ実行委員会と合同での作業) 
4月20日(土) 第46回御笠川クリーンデイ参加、川の清掃を行いました。 20名
第46回御笠川クリーンデイ参加報告

 御笠川クリーンデーに参加して
 第46回御笠川クリーンデーが4月20日(土)9時より実施され、当日は寒気の戻りと今にも降りそうな天候の中、総勢60名(内シルバー人材センターボランティア班20名)のボランティアが市役所付近から上流・下流に分かれ、我々は朱雀大橋までの下流を長靴をはき、トングを持って川床に降り川掃除を行いました。川にはポリ袋が散乱し、車のバンパーやヘルメット等の大物も捨てられていました。約1時間半回収作業を行い、燃えるゴミ94Kg・燃えないゴミ44Kg合計138Kgのゴミが集まりました。
 このクリーンデーには、学生の方も毎年多く参加し頑張ってくれておりますが、一般市民の参加が少なくシルバー人材センターの役割が高まっているように感じています。私達は川や里山を多くはできませんが、少しでもゴミを拾うことによって何かの一助になればと思って参加しているところです。又「里山を守る会」は毎月ボランティアを行っており、健康を兼ねてみんなと気軽に今後も参加していくつもりです。
                                                       野坂 眞人
11月3日(土) 第47回御笠川クリーンデイ参加、川の清掃を行いました。 24名
第47回御笠川クリーンデイ参加報告

 11月3日(土)晴 ボランティア班は太宰府水から川る会、みかさがわピカピカ実行委員会とともに御笠川クリーデーに参加した。参加者は総勢49名で、私たちシルバーからは半数の24名が参加しました。
 午前9時主催者の挨拶・作業方法の説明の後、作業を開始。今回の作業範囲は五条橋から朱雀大橋まで、中央図書館裏から朱雀大橋までを担当しました。参加者を図書館裏から下流に向う班と朱雀大路橋から上流に向う班の2班に分け作業を開始しました。作業は水量が少なかったこともあって順調に進み、開始1時間半足らずで観世大橋と都府楼橋の中間で2つの班が合流し、集めたゴミを遊歩道脇の指定場所に運んで作業を終了しました。川の上流(白川)に「川は泣いています」と書かれた看板があるが、川原にはレジ袋、ビニール袋、お菓子の袋など風に飛ばされやすい物やコーヒーの缶など多かったが、捨てられたと思われる大きなゴミも多く中には自転車4台ありました。
 ゴミの無くなった河原は気持ちがよく、私たちの活動が市民の皆さんにとって、少しは役立っていると感じています。また、作業中に「ご苦労さん」や「剪定をお願いしたいがセンターはやっていますか」などの言葉もありシルバーが市民の皆さんに好意的に受け入れられていると感じられました。
 参加者の半数を占め、揃いの帽子をかぶりベストを着用して、流れの中や深い藪の中に入ってテキパキと作業をする私たちシルバーの姿は他の参加者や遊歩道を歩く人達に頼もしく映ったと思われます。
3.『四王寺・市民の森 景観森づくり』への参加
☆活動報告☆
 太宰府市役所建設部都市計画課 景観・歴史のまち推進係が中心となり立ち上げられたボランティア団体『月山の会』に加わり、他のボランティア団体や個人参加の方々と毎月2回、第2・4土曜日に行われる政庁跡東側の月山の手入れ作業に参加しています。